小さい時に治療を

2人の歯科医と患者

歯列矯正を行う時期というのは患者それぞれの症状によって異なります。特に、お子さんの矯正治療の場合には永久歯が生えそろっているかがポイントとなりやすく、場合によっては今すぐ治療をすべきはないということもあるのです。 基本的には独断で判断せず、専門家である歯科医師に診てもらうことが一番手っ取り早いです。お子さんの治療の場合、成人したときに治療するよりも治療費が抑えられるというメリットもあります。しかし、治療費だけに目がいってはいけません。人にはそれぞれ治療すべきタイミングというものがありますから、医師の判断のもと正しく行動することが大切です。 また、子供とはいえ審美性には十分配慮することも親としては大切だと思います。

矯正治療にかかせない器具の種類は多種多様です。症状によっては適合しない場合もあるため、もし気に入った治療法を見つけても装着できないことも考えられます。 矯正器具の中で代表的ともいえるワイヤーとブラケットによる「マルチブラケット法」はさまざまな症状に合うとされています。また、審美性が気になる方は歯の裏側に装着する「リンガルブラケット法」や「ハーフリンガル法」を選択することができます。コストについては多少かかってしまいますが、毎日つける器具には工夫を施しておきたいという考えも十分わかりますね。 このような治療方法も存在しているのだとがわかれば、今後の矯正治療の普及率はより高くなるものと思われます。特殊な装置には適合しにくいことも考えられますので、まずは「マルチブラケット法」について知識を深めることも大切です。