知っておきたい事

歯科の設備と椅子

みなさんはインプラント治療というものは、手術が終わったらもう何もしなくても大丈夫であると思っていませんか。もし、そう思っていたなら、それはあり得ませんし、怖いことです。トラブルでよくある例では、インプラント治療は終わったからもう何もしなくても大丈夫という思い込みから起こっていることがあります。なので、これからこのインプラント治療を考えているのでしたら、この意識を変えることが大切です。 インプラント治療の失敗においては次の二つの場合が考えられます。 一つ目は歯科医院が原因の場合です。これには、手術における手抜きや、事前のきちんとしたシュミレーションの不十分などがあります。 二つ目は患者側の原因の場合です。これは、喫煙や定期的なメンテナンスをしなかったなどが挙げられます。 なので、インプラント治療をするのであれば、歯科医院探しと手術後のメンテナンスをしっかりと考える必要があります。

インプラント治療をした後の日常生活について、少々気を付けることがありますのでここから紹介していきたいと思います。 当たり前ですが、手術当日には激しい運動や入浴などのような血行が良くなるようなことは避けましょう、出血の原因になります。腫れや痛みが長く続くようでしたら、二日間くらいは氷で冷やしましょう。あまり冷やし過ぎると、逆効果になり、しこりが残る危険性があるので気をつけましょう。喫煙も傷の治りを妨げてしますので、禁煙することを徹底しましょう。 メンテナンスの仕方については次のような工夫をしましょう。まず、歯を全体的にブラッシングをしてきれいにします。歯の隙間なども歯間ブラシなどを用いて、今までより丁寧に汚れを落としましょう。そして、歯科医院の定期的なメンテナンスは必ず行くことです。